府中市の動物病院「シンシアアニマルクリニック」は、府中駅7分、分倍河原駅9分(駐車場2台)。犬・猫を診療。土曜・日曜・祝日も診察。循環器・腎泌尿器・消化器の疾患と腫瘍の治療に注力。生涯のかかりつけ医として動物たちの生活をサポートします。

腫瘍性疾患について

腫瘍性疾患について

腫瘍性疾患について腫瘍は「自律的な異常増殖をする細胞の集まり」と定義され、良性腫瘍と悪性腫瘍があります。
良性腫瘍は発生した場所で増殖するのみですが、一方悪性腫瘍は周囲の組織へ浸潤したり転移をしたりして様々な臓器を機能不全に陥れます。
悪性腫瘍は人でも動物でも死因の上位に位置し、寿命に影響する大きな問題となっています。
近年は医療技術の発展に伴い、特に人の医療では悪性腫瘍の治療成績は上昇しており、獣医療においても治療が可能となってきました。
悪性腫瘍は基本的に治すことが難しい病気であり、完治とは呼ばず寛解(かんかい、とりあえず病変がみえなくなった状態)と呼びます。
腫瘍は進行した状態よりもごく初期の状態で治療を開始した方がより寛解に近づけやすくなります。
よってとくに悪性腫瘍はできるだけ早く見つけて早くから治療することが大事であると考えられます。
まずは「病気を早めに見つけること」が重要です。

対象となる主な疾患


  • 腫瘍全般

当院で実施できる検査

  • 血液検査
  • 尿検査
  • レントゲン検査
  • 超音波検査(エコー)
  • 生検による細胞検査または組織検査(外注検査含む)

治療法

外科手術による摘出

腫瘍の治療として第一に挙げられるのは外科摘出です。
腫瘍と診断されたものは良性でも悪性でも必ず大きくなります。小さなうちに発見できたものは早めに摘出することで根治も期待できます。また摘出したものを病理検査することで何の腫瘍か診断することができます。もちろん全身麻酔やメスを入れることによる体への負担も伴うので、動物の状態と腫瘍の状態を考えながら外科手術が適応かどうかよくご相談の上判断していきます。

化学療法による治療

いわゆる抗がん剤です。抗がん剤とは一言で言うとがん細胞の増殖を妨害する治療薬です。また同時に健康な細胞も大きな影響を受けるため、治療に際して副作用のことも考えなければなりません。ただ、どの薬もどのような主作用、副作用が出るかがわかっています。どんな副作用が出るか、また出た場合どう対処すれば良いかなどを前もって知っておけばそれほど怖がることはありません。大事なのは事前によく相談して納得してから治療に臨むことだと考えています。

放射線治療

外科手術、化学療法と並ぶ、がんの三大治療の一つです。残念ながら放射線治療は当院では実施できず、また治療設備のある施設自体が少ないのが現状です。放射線治療が必要な場合は治療ができる施設を紹介することもできます。

代替療法

人の医療で免疫療法やサプリメントなどの、いわゆる代替療法や民間療法といった治療をがん患者の方に行うことがあり、獣医領域でも同様の治療が行われることがあります。実際にこういった治療を受けた患者さんで、元気になった、がんが小さくなった、という話を聞いたことがある方も少なくないと思います。ただ、これらの治療は上記の三大治療とは異なり科学的に有効性が証明されているわけではありません。色々な代替療法がありますが、どのような治療をどういった目的で行うかなどしっかりと検討した上で行っていきましょう。

Clinic Information

〒183-0045 東京都府中市美好町1-1-18 石川ビル1F
「ハローワーク府中」の目の前

お気軽にお問い合わせください

TEL 042-306-9997
京王線「府中」駅より 徒歩約7分
京王線「分倍河原」駅より 徒歩約9分

駐車場(2台)、駐輪場あり

診療時間 日・祝
09:00~12:00
16:00~19:00

休診日水曜全日、日曜祝日午後

PAGETOP
Copyright © 2019 シンシアアニマルクリニック All Rights Reserved.